中越高校の健闘を称えて

第100回全国高等学校野球選手権記念大会、昨日、新潟県代表の中越高校と北神奈川代表の慶應義塾高校の試合が行われました。
結果は2対3で惜しくも中越高校が敗退となってしまいました。
とても良い試合でした。最後の最後まで、勝てるかもしれないという希望を持たせてくれた試合でした。
7回で2対2の同点に追いつき、9回までそのまま食らいついていきましたが、残念ながらサヨナラ負けしてしまいました。
振り返ると惜しい場面もいくつかありました。ヒットの数では中越高校の方が相手チームを上回っていました。
だからこそ悔しい!
投手リレー格好良かった。結果は負けでも誇らしい気持ちで一杯です。
応援広告にてご協賛いただいた各社様、共に応援いただき誠にありがとうございました。
中越高校、そして新潟県勢の次のチャレンジでの活躍を期待しております!

そして、本日の第4試合に長野県代表の佐久長聖高校が登場します。
新朝通信社では、こちらも引き続き応援してまいります。ご健闘を祈ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です